ちずぶらりHackers

オープンデータ化も進んでいる古地図、絵地図を扱うiOSアプリ、ちずぶらりをハックし倒します。iOS / Androidでのクローンアプリの開発も予定しています。

ポケモンGOが同時性を有するメディアにまで育つのはまだ先

「現代の野球中継」となったポケモンGOの圧倒的功績を讃えたい

テレビで見られた同時性がネットでは見られなくなってるのを復活させたという視点。

私がこれまでその視点でポケモンGOを見てたかは別として、概ね違和感はないけど、

  • (この記事の書いた人ではなくて評価してる人について)テレビの同時性、話題共有性がネットでは失われていく危惧について、サイバーカスケードの問題なんかとも関連して警鐘してる人は警鐘してたじゃん。
    もちろんテレビの体たらくはテレビ業界自体がなんとかする問題にしても、そこで失われる価値を無視してネットで十分、テレビなんて滅びちゃえよ、的温度の人がたくさんいたのに、同じような価値をネット経由で実現する?例が一つ出てきた途端、その価値を必要なものとみなす人がたくさん出てくるのはおかしくね?
    という感じは若干。
  • 同時性を提供するトリガとしてポケモンGOは十分機能しているけど、今の時点ではまだiPhone等のように共通の話題としてのそれでしかなくて、プロ野球のように「何何球団を知っているか、ファンか」だけでなく「何月何日のどことの試合のドラマを共有したか」というレベルの、メディアとしての同時性になるとまだポケモンGOはそこまで達してないかなと。
    若干「レアポケモンの発生箇所」なんかで萌芽はあるし、兄貴サービスのIngressはドラマ共有レベルの同時性を既に実現しているので、いずれポケモンGOもそのレベルのメディアになりうるとは思うけれども。

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会