ちずぶらりHackers

オープンデータ化も進んでいる古地図、絵地図を扱うiOSアプリ、ちずぶらりをハックし倒します。iOS / Androidでのクローンアプリの開発も予定しています。

位置ゲー

私が語らないと歴史に残らない「位置ゲー事件簿」その1:日本位置ゲーの祖の1人、「へな」さん

日本の位置ゲーの祖は2000年、J-PhoneのJ-SkyStationと共に発表された商用の「クリックトリップ」であり、その意味では 『元祖はクリックトリップ、以上』 で終わりなのだが、クリックトリップの系譜は与えた影響は別としてその後途切れるので、今に続くイン…

香港では ポケモン = 精霊、トレーナー = 訓練員

香港でもポケモンGO人気。 九龍公園とかスマホ見てる人だらけでした。とりあえず香港では ポケモン = 精霊 トレーナー = 訓練員 レア = 稀有 らしい。また、最近の香港ポケモン界の一大ニュースは、ポケモン名の中文訳が大陸と香港で統合されるらしいという…

韓国のポケモンGOは大草原でした

韓国のポケモンGOは大草原でした。これ、韓国では国外サーバでの地図配信が禁じられているため、背景表示が配信できないことによります。 国防を理由とするものなのだけど、さすがにこんなゲーム禁止した所で国防に何か資するとこあるか?ということで、見直…

ポケモンGOが同時性を有するメディアにまで育つのはまだ先

「現代の野球中継」となったポケモンGOの圧倒的功績を讃えたいテレビで見られた同時性がネットでは見られなくなってるのを復活させたという視点。私がこれまでその視点でポケモンGOを見てたかは別として、概ね違和感はないけど、 (この記事の書いた人ではな…

2匹目のドジョウを得たければ、2匹目のドジョウを目指さないこと

アングル:ポケGO「二匹目のどじょう」は厳しいゲーム各社2匹目のドジョウを狙いたければ2匹目のドジョウを狙おうと考えるのをやめることじゃないかな。 かつて一時は位置ゲー最大手だった某サービスは、ゲームスキームの全く違うソシャゲのマネタイズ手法…

ポケモンGOのマネタイズはB2C2B

ポケモンGO、誰がどうやっていくら儲けているのか プレイヤーは1億人、経済効果は10兆円!?ソシャゲとの比較視点ではB2CよりむしろB2B(2C?)だというのはその通りだけど、しかし位置ゲーの視点では、昔から位置ゲーはB2B2Cでのマネタイズは当たり前だった。 ポ…

世界観が一番重要なのじゃなくて、世界観が全てだった

ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客位置ゲー作る側の仕組みとして、こういう経路は全く思いつきませんでした。 私ら過去位置ゲー作るときに、世界観が第一とかいいながら、マネタイズ要素は別とどうしても思い込んでて、個別にクライアン…

ポケモンGOで道路消える問題、データ構造の変更っぽい

ポケモンGO、道路が消える問題っていうの新横浜では中々見つからなかったのが昨日から再現してたけど、アップデートしたら描画の仕方が変わる形で直った。 いくつか小径も追加されてる。全部同じ太さの地図だとあまりに見にくいから、道路種毎に描きわけるデ…

ポケモンGOは「想定外に流行った」というよりは、「位置ゲーが流行ればこうなる」という最初の事例かなと

ポケモンGOの現象って、「ポケモンという人気のガワを被せたというだけだとここまでのヒットを説明できない」というよりは、今まで位置ゲーがヒットした事がなかったから、まさに世界初の現象なので想定外の事に見えてるだけで、「ここまでヒットした」んじ…

ぶっちゃけIngressは流行らないと思っていたので、焦ってポケモンGoには追いすがってる

位置ゲーご意見番のつもりだった癖になぜIngressに走らなかったのかって、位置ゲーを下手に運営してただけに経験則でIngress絶対流行らないと思ってたところもあるのよね。昔位置ゲーに「ゼロサムゲームの奪取系」「自分との闘い国盗り系」「交流で世界が育…

ポケモンGO(位置ゲー)はソシャゲを侵食はするが滅ぼしはしない

Facebookの記事から引用。 すみません、あいかわらず高橋徹への批判が入っているのはご愛嬌で...随分前に「ソシャゲなんてぶっ潰せ」と勇ましいことを言ってた某君、ソシャゲぶっ潰すどころか自身の食扶持すら毎年公的補助金なしでは回らない状況だったので…

残念にもほどがあるGAW(ガンダムエリアウォーズ)

ジオガールズブログ: 女子もハマる!お出かけを楽しくするオススメのゲーム!いくら何でもジオ業界古参の方がGAWをお出かけゲーと紹介するのはないわーと思う。 そもそも位置情報要素なんて全体の1%もないし、その1%すら全然お出かけに繋がってない。「ガン…

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会