読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちずぶらりHackers

オープンデータ化も進んでいる古地図、絵地図を扱うiOSアプリ、ちずぶらりをハックし倒します。iOS / Androidでのクローンアプリの開発も予定しています。

私が語らないと歴史に残らない「位置ゲー事件簿」その1:日本位置ゲーの祖の1人、「へな」さん

日本の位置ゲーの祖は2000年、J-PhoneのJ-SkyStationと共に発表された商用の「クリックトリップ」であり、その意味では
『元祖はクリックトリップ、以上』
で終わりなのだが、クリックトリップの系譜は与えた影響は別としてその後途切れるので、今に続くインディーズから商用に移った種々の位置ゲーの祖、という意味では、「ケータイ国盗り合戦」「駅奪取」に繋がる系譜の「へな」さんの存在は外せない。

参考:日本位置ゲーの系譜(〜2009) f:id:kochizufan:20161002194319p:plain

「へな」さんは私が2002年に2ちゃんねるに立てた位置情報を活用しようスレに集まった有志の1人(スレ上では「4 ◆jphoNE.s」さん)。
私も会った事はないので正体は不明、富士通系の技術者だったという噂も。
「クリックトリップみたいなゲームを自分も作りたい」と語って、私の用意したサーバの上で、auのアンテナをユーザー間で奪い合う「auアンテナ奪うのれす」というゲームを2002年8月に作成。

ある意味当時の技術でできた「Ingress」。
奪い合う対象がポータルでなくアンテナ、チーム戦でなく個人戦、派手な世界観も演出もないし、ただひたすら奪い合うだけだけど、当時位置ゲーなんてものはJ-Phoneのクリックトリップを除いてなかったので、当然auでは初の位置ゲーで、口コミでかなりの人気に。
特に、アンテナの数なんて全国でいくらあるかなんかわからないので、どのアンテナも発見者がいるのだけど、見つけると発見者として名前が残るので遠くまで遠征して日本の端に名前を残そうとしたり、全国のアンテナの位置が黒地図上に光点として表示されるので、奪い合いの枠を超えてみんなで世界を広げていくような楽しさがあったり、絶妙なハマりポイントがあった。
突如消えるまでの10ヶ月で最終的にユニークユーザー5桁はいったのではないか。

が、2003年の5月、ある日突然のサービス消滅と共に失踪。
理由も何もかも不明だが、それで難民が発生したので、私が1ヶ月でクローンを作成して再稼働。
ソースコードもデータも引き継げなかったので、引き継いだのはゲームのアイデア潜在的ユーザ層だけだけど、2003年6月に「アンテナ奪取」(へなさん版の亜流としての『'(ダッシュ)』と、奪い合いを掛けている)としてサービスイン。
その後、J-PhoneWillcomにも対応して、マルチキャリア体制に。
位置情報を書き換えて嘘の位置情報を教えてくるユーザに対する詐称対策などの技術もこの頃に下地が出来たり。

2年弱ぐらい私の手元で運用したのだけど、仕事が忙しくなって片手間では運用できなくなったので、サービス譲渡を検討。
モバイルファクトリー開発マネージャの木村さんが手を上げてくれたので、彼にデータとコードを譲渡して、3代目の「日本縦断アンテナDASH」が2005年3月頃より開始。
彼が非常にいろいろなゲーム要素を盛り込んでくれて、ユーザ毎にポイント制でレーダ機能とか様々な機能を買える要素などもつけてくれて、ゲーム要素がますます高まった。
未確認だけど、今もまだ細々とサービス続いてるんじゃないかな? - ググったけど今はさすがに見つからなかった。
でもかなり最近まで続いていたはず、細々と続けてたというより、まだ遊んでいる人のために残してくれていたんだと思う。頭が下がる。

動画を見つけたので参考にサルベージ。

で、アンテナ奪取自体はそれ以上の展開はなかったんだけど、その後多くの影響を他の位置ゲーに残した。
まずは2005年に譲渡してしばらく位置ゲーを離れていた私が、2007年にマピオンに合流して、位置ゲーの技術ノウハウがマピオンに入ったのでケータイ国盗り合戦が成立。 マピオンは2002年よりドコモのエリア情報機能を使ってスタンプラリーを展開していて、国盗りという名前のサービスも私の入社の1年前に前身があって、サービス展開自体は古いのだけど、技術を蓄積してなかったところに、私が位置詐称対策経緯度をエリアに変える技術を持ち込んだので、それをテコにケータイ国盗り合戦を通年サービス化して現在まで継続。

また3代目アンテナDASHを運営している木村さんのいるモバイルファクトリーも、アンテナDASHのアイデアに感化されて、2011年より奪う対象を駅に変えた「駅奪取」を展開。
さらに萌え要素も絡めた「ステーションメモリーズ」も展開していて、人気を集めている。

ケータイ国盗り合戦」「駅奪取/ステーションメモリーズ」という今商用として成立している位置ゲーの複数タイトルが、元を辿れば「へな」さんのアンテナを奪い合うゲームのアイデアの、技術か企画かの差はあれほぼ直系で生まれてきている。
へなさんがいなければ、今これらのゲームはなかったか、あるいは全く違う形になっていたと言っても過言ではないでろう。
今正体がわからないのが残念だけれど、まあすごい人と言っていいと思う。

香港では ポケモン = 精霊、トレーナー = 訓練員

香港でもポケモンGO人気。
九龍公園とかスマホ見てる人だらけでした。

とりあえず香港では
ポケモン = 精霊
トレーナー = 訓練員
レア = 稀有
らしい。

また、最近の香港ポケモン界の一大ニュースは、ポケモン名の中文訳が大陸と香港で統合されるらしいという話で、香港の人達は反対らしい。

一時香港最高峰ビクトリアピークのジム制圧。

韓国のポケモンGOは大草原でした

韓国のポケモンGOは大草原でした。

これ、韓国では国外サーバでの地図配信が禁じられているため、背景表示が配信できないことによります。
国防を理由とするものなのだけど、さすがにこんなゲーム禁止した所で国防に何か資するとこあるか?ということで、見直し論議が高まっているらしい。

ポケモンGOが同時性を有するメディアにまで育つのはまだ先

「現代の野球中継」となったポケモンGOの圧倒的功績を讃えたい

テレビで見られた同時性がネットでは見られなくなってるのを復活させたという視点。

私がこれまでその視点でポケモンGOを見てたかは別として、概ね違和感はないけど、

  • (この記事の書いた人ではなくて評価してる人について)テレビの同時性、話題共有性がネットでは失われていく危惧について、サイバーカスケードの問題なんかとも関連して警鐘してる人は警鐘してたじゃん。
    もちろんテレビの体たらくはテレビ業界自体がなんとかする問題にしても、そこで失われる価値を無視してネットで十分、テレビなんて滅びちゃえよ、的温度の人がたくさんいたのに、同じような価値をネット経由で実現する?例が一つ出てきた途端、その価値を必要なものとみなす人がたくさん出てくるのはおかしくね?
    という感じは若干。
  • 同時性を提供するトリガとしてポケモンGOは十分機能しているけど、今の時点ではまだiPhone等のように共通の話題としてのそれでしかなくて、プロ野球のように「何何球団を知っているか、ファンか」だけでなく「何月何日のどことの試合のドラマを共有したか」というレベルの、メディアとしての同時性になるとまだポケモンGOはそこまで達してないかなと。
    若干「レアポケモンの発生箇所」なんかで萌芽はあるし、兄貴サービスのIngressはドラマ共有レベルの同時性を既に実現しているので、いずれポケモンGOもそのレベルのメディアになりうるとは思うけれども。

2匹目のドジョウを得たければ、2匹目のドジョウを目指さないこと

アングル:ポケGO「二匹目のどじょう」は厳しいゲーム各社

2匹目のドジョウを狙いたければ2匹目のドジョウを狙おうと考えるのをやめることじゃないかな。
かつて一時は位置ゲー最大手だった某サービスは、ゲームスキームの全く違うソシャゲのマネタイズ手法を考えなしにそのまま持ち込んだり、追い抜かれて1位になったライバルサービスが成功した某施策を、2位がやっても有害無益な施策だったのにこれもそのまま真似したりして大失敗した。

そして今回のポケモンGOは、マネタイズマネタイズを前面に出すよりも、まず世界観を確立してその中に自然にマネタイズ要素を隠す方が受け入れられる事を示していると思う。

なので、ポケモンGOが流行った、研究して2匹目のドジョウを、ではなく、こういうスキームのゲームでも流行る余地のある事がわかった、なら俺はこんなゲーム作りたい、を追求した方が当たるだろうと思う。

ポケモンGOのマネタイズはB2C2B

ポケモンGO、誰がどうやっていくら儲けているのか プレイヤーは1億人、経済効果は10兆円!?

ソシャゲとの比較視点ではB2CよりむしろB2B(2C?)だというのはその通りだけど、しかし位置ゲーの視点では、昔から位置ゲーはB2B2Cでのマネタイズは当たり前だった。
ポケモンGOのすごいところはそこにプラットフォーム性を導入したところ。

クライアントとしてのBとカスタマーとしてのCが同次元で存在して、運営が中抜き以外不関与で勝手に経済がまわるエコシステムプラットフォーム、B2C2Bとでも言えるような仕組みを導入したところがポケモンGOの新しいところだと思う。

不慮に失われるものへの記憶は事前に残しておくことが大切...なので早くポータル申請復活して欲しい

【Ingress×ポケモンGO】宮城県石巻市にある実物のないポケストップは「記憶のポータル」として津波から生き残ったデータで申請された特別なポータルだった

なるほど。

しかし本来はOSMと同じで、災害が起こる前に残されるべきもの、もっと言えば災害みたいな大規模事象でなくても、地域の事情で消えていくもの(たとえば今なら奈良高畑町の案山子の田んぼとか)を残すために記録されていくべきだと思うので、早くポータル申請復活して欲しい。

..という投稿をFBにしたら、いただいた他の人のコメント引用:『記憶をのこすだけでなく防災とポケモンの組み合わせとか色々拡張可能なアイデアが出てきそう』
ほんとそう!

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会